上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月29日(月)晴れ 大潮

満潮6:07 18:59
干潮0:07 12:35

長期休暇最終日、どうしてもリベンジしたくなり

またまた淡路島へ息子と釣行。団子にてチヌを狙う。

4時に家を出発し、いつものMAXにて餌を購入し現地へ。

朝モヤの残る明石大橋を渡り、PAエリアにて朝日を拝む。
SH3K0068.jpg
SH3K0070.jpg

今回は東側の志筑を目的地と定め、車を走らせる。

始めての釣り場であったが、噂には聞いており、

以前隣の波止場にて釣りをした事があったので

順調に行く事が出来た。

到着後、釣り座を確保しいざ準備へとりかかる。

集魚剤:紀州マッハ、細引きさなぎ、チヌパワー、アミエビ

刺し餌:無双、くわせコーン

準備も終わり、1投目。2投目。3投目。。。

なかなか棚が合わず、苦戦するが何とかポイントを設定して

底トントンにて釣りを開始していく。

棚は5mほどであるが、大潮のせいか潮が速い。

1時間後、待望の「アタリ」があり、合わせると

34センチのチヌが「ゴンゴン」と頭を振りながら上がってきた。

本日の1匹目という事もあり慎重にやりとりをし取り込む。
SH3K0071.jpg

その後は時合に突入すると入れ食いとなり、

終わってみれば、チヌ8匹、ボラ2匹と高釣果であった。

ただ最初の34センチが頭であとは30センチ以下と

サイズが伸びなかったのが残念ではあるが・・・

夏チヌは良く引くのでサイズの割には大変面白かった。
SH3K00730001.jpg

また、9歳になる息子は最初サビキをしていたが、

私が好調にチヌを釣り上げるのを見て「自分もする」・・・と

出来るが不安であったが、竿の準備をし、刺し餌の付け方、

団子の作り方などレクチャーし、いざ開始!

最初こそなかなか難しそうであったが、だんだん慣れてきて

上手く出来るようになり、なんとチヌ1匹、キビレ1匹の

合計2匹を釣り上げた。
SH3K00720001.jpg

今日はたまたま良かっただけとは思うが、今後も息子と

楽しく出来れば・・・という思いと、将来を楽しみにしながら

帰路についた。
スポンサーサイト
8月26日(金) 晴れ 中潮
満潮 3:04、17:49
干潮 10:43、22:53

今回は淡路島、都志に釣行。

前日より準備をし朝3時に子供と一緒に出発。

いつものマックスにて餌を購入し現地へ。

夜という事もあり下道にてゆっくり行く事となった。

6時過ぎに現地へ到着し準備を始める。

ここは車を横付け出来、子供にも良い場所である。

SH3K0057.jpg


子供にはサビキを・・・と思っていたのだが、何と

一緒の釣りがしたいとの事・・・まぁやらせてみるかと

同じ仕掛けを用意し、次は餌の準備へ。

今回は「紀州釣り」。配合は

紀州マッハ+波止めダンゴ+アミエビ+チヌパワー
 (細引きさなぎを忘れチヌパワーを多め)

刺し餌はチヌスペシャル、無双、くわせコーン

子供に付け方、ダンゴを教えそれぞれ釣り開始。

棚を取りつつダンゴを撒きステージ作りへ。

1時間が過ぎ、アタリが無いまま無言で打ち返す。

子供に注意を払いながら続けているとウキが「スッ」と

海中へ入り込み待望のアタリが・・・合わせると

15センチほどの「チンタ」である。

それでも子供としては嬉しいらしく、スカリの中へ

そこから連続してアタリが集中し、次々と上がるが・・・

全て「チンタ」である。数釣りとしてはいいのだが。。。

SH3K0058.jpg


そして子供にも待望の1匹が!「チンタ」だけど・・・

それでも子供にすれば「大満足!」親も「親も嬉しい」

釣り続けていると大きく引き込まれた!!!

やっと大きいのが・・・と思ったら「ボラ」・・・

やっぱりボラなのねと思いながら「引き」だけを楽しんだ。

今日は曇りとの天気予報であったのに実際は快晴で

子供との体調を考慮しながら13時過ぎに納竿とした。

チヌの魚影は濃いがやはり「夏」魚が小さいのが残念であった。

今度は大物をと思いながら橋を渡り帰路についた。

SH3K0064.jpg

8月20日(土) 曇り 中潮
満潮 10:15 干潮 5:05

今回も釣友N氏と地元ホームへ釣行。

12時前に合流し、いつもの釣り具屋Mさんへ。

刺し餌は前回のがまだ残っていたので

集魚剤とオキアミのみ購入し現地へ。

竿、仕掛けの準備も終わりフカセの準備へ取りかかる。

今回もいつもと同じ配合にて集魚剤を混ぜ合わせる。

MAX赤+白+チヌパワー+オキアミ・・・

そろそろ変化が必要かもと思いながら混ぜ合わせる。

刺し餌のオキアミを投入一投目・・・何とあたりが・・・

しかしまさか来るとは思わず、ジュースを手にしていた為

合わせる事が出来なかった・・・恥ずかしい限りである。

これは楽しみだと思い期待を胸2投目を放り込む。

あれ?まったくあたりがない?何だ?

でもまだ2投目と思い3投目・4投目・・5投目・・・

全くあたりがない。そのまま1時間、2時間が過ぎ

潮も悪くなったところでちょっと休憩。

電気ウキの光が眠気を誘う。

そのまま1時間くらい仮眠を取る。大変気持ちが良かった。

5時前ぐらいより再開したが、全く反応がない。

それから1時間くらいした時、ウキが消し込んだ!

やっとかと思い巻き上げると引きもなく重たいだけ・・・

ガッシーの登場である。その後ももう一匹ガッシーを上げ終了。

隣では釣友がチンタ、イシガキダイの小さいのなどを釣り上げたが

なかなか厳しい状況である。

また別の場所では「エイ」を釣り上げている人もいた。

いろいろと試してみたがまったくダメで11時に納竿とした。

家に帰りネット検索にて釣果情報を確認したところ、

少し離れたところではかなり上がっていた・・・

場所選びの失敗とウデが悪かったのが今回の原因かと思う。

写真も貼れず残念であるが、「おチヌ様」を見る為に

来週は釣行の一週間になると思う。
8月13日(土)晴  大潮

午前2時前より釣友と2人で地元ホームへ釣行。

いつもの釣り具屋マックスにて集魚剤、刺し餌を購入し現地へ。

いつもは西側に迷わず向かうのだが、最近の釣果情報によると

東側の方がよく上がっているので東側へ行く事にした。

東側は始めてで、1時間彷徨ったあげくイマイチ良い場所が無かった為

結局いつもの西側に移動した。全く無駄な時間である・・・

結局、準備をして釣始めたのは4時半を回ったぐらいで、夜も白み始めていたが

今日は大潮、今からが時合いと心の中で思い、竿を振り始めたが・・・

なんと全く潮が動いていない。もっと激しい潮の動きを覚悟していたのだが・・・

当然「あたり」も全く無く時間だけがどんどん過ぎていく。

回りにも何名か釣り人はいたが同じように全く釣れていない。

1時間・2時間・3時間・・・時間のみが過ぎていくが潮は全く動かない。

少し動いたと思えばすぐに止まる。こんな事は始めてだ。

結局数回のあたりのみ・・・それもチヌらしきあたりは全くなし・・・

日も高くなり気温も上昇し、9時半頃に納竿としたその時!

潮が。。。動き始めた。。。でももうやる気はない。。。

動き始めた潮を釣友と横目に引き上げた。

あまりのダメージに今度はいつ行けるだろうか・・・
久しぶりの休みに朝から釣行。

仕事疲れからかあまりの眠たさに4時半起床で行こうか迷ったが

やはり「釣人」としては一度決めたら行かなければ・・・

5時過ぎに行きつけの釣り具屋により集魚剤とオキアミ、コーンを購入し

ホームへと移動。準備を始める。

集魚剤は「マックス赤+白+チヌパワー+コーンたっぷり」

刺し餌は「オキアミチヌスペシャル+コーン+爆釣液」

準備も終わり6時より釣り開始。

潮の流れも良く、期待が高まる。

3投目よりお気に入りの棒うきに変化が・・・? あたりか?

スッと入り込むみ大きく合わせるがのらない。

そんなやりとりが数投続くが全くのってこない。

そのうち「あたり」も無くなり我慢の時間が続く。

日も高くなり、暑さが厳しくなってきた8時過ぎにスパッとウキが消えて無くなる。

迷わず合わせを入れるとググッと強い引きだが・・・何かが違う!

横に奥にと走り出す・・・ボラ?ハネ? 上がってきたのは。。。

「ボラ。。。」

せっかく作ってきたステージをボラにより滅茶苦茶にされ意気消沈。

しかし気を取り直して再度作り直しを図る。

ボラアタックがかなり激しかったが、その中で全く違うあたりが

ウキを消し込んだ。上がってきたのは20センチの「コッパグレ。。。」

生物感はたっぷりあるのだからと気を取り直し続けると

ウキに完全なる「チヌあたり」が。

合わせると「ゴンッゴンッ」と首を振るチヌ独特の引き!

やっと本命やと踊る心を抑えながら慎重にやりとりを続け上がってきた

と思ったら、寸前での痛恨の「バラシ」・・・今日はダメだ。

ボラやアジの活性が高くとてもフカセ釣りが出来ないので

団子に変更するも潮止まりに入り、納竿とした。

今週末は大潮・・・リベンジ行こうかな。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。